ハンバーガーメニューの画像

※本記事は一部プロモーションを含みます

仕事が決まらない主な原因って何?

最終更新日:2017年12月13日

就職活動をしていても、なかなか仕事が決まらないことがあります。

よい求人がなかったり、面接がなかなか通過しなかったり。

仕事が決まらない理由には様々ありますが、日本人全体で見た場合、「仕事が決まらない主な理由」にはどういったものがあるのでしょうか。

参考になる統計結果があるので、紹介していこうと思います。

希望する種類・内容の仕事がなくて失業している人が多い

以下に示すのは、総務省が2013年に就職する意思のある人を対象に行った、今現在失業している主な理由の調査結果です。

失業している理由第1位は「希望する種類・内容の仕事がない」第2位は「求人の年齢と自分の年齢が合わない」第3位は「勤務時間・休日などが自分の希望と合わない」

グラフにあるように、最も多い失業理由は「希望する種類・内容の仕事がない」です。

求職者の希望する職種は偏ることが多く、多くの人が同じ職種を希望しがちなので、人気のある職種の場合は、なかなか求人が見つからなかったり、見つかっても倍率が非常に高かったりします

特に、事務職系への人気は依然として高く、掲載されても直ぐに応募枠が埋まったり、派遣社員などでも優秀な人が集まるので、正社員としての採用があまりなかったりします

逆に、営業職や介護職、IT技術職などは求職者に対して求人が多い傾向にあります。

また、失業している理由の4番目にある「自分の技術や技能が求人要件に満たない」も重要です。

職業別に求人数を見てみると、専門職の方が求職者に対して求人数が多い傾向にあります。

やはり、なんらかの専門技術や能力がある方が、就職活動時にも有利になりやすいです。

若者や大学中退者は、どのように就職活動をすればよいのか?

失業している人のデータを参考にして、若者や大学中退者の人が就職活動を上手く進めるためにはどうすればよいでしょうか。

まず、第1位の職種や仕事内容についてなのですが、この理由で失業している人が多いのですから、この部分を無視すればかなり仕事は見つかりやすくなるはずです。

しかし、若い人は、これから長期間にわたって働くことになるので、職種にはこだわっておきたいです。

しかし、事務職など何となく楽そうだからといった理由で仕事を選ぶのではなく、幅広く様々な職種を見て、興味のわくような職種がないか探してみましょう

多くの人が同じ職種を希望していまうのは、そもそも職種にどういった種類があるのか知らなかったり、技術が無いために、とりあえず楽そうな事務職を希望して、難しければ営業職でもするか、という具合に職業を決定しているからです。

こういった形で短絡的に職業を決めるのではなく、少し幅広く職業をチェックするだけでも就職活動が有利になったり、他の可能性を見つけられたりするはずです。

求人情報サイトには、職種別に求人を掲載しているので、同じ職種ばかりを見ている人もいるのではないでしょうか。

今現在、就職活動が上手くいかないということでしたら、もう一度様々な職業を見てみることをおすすめします。

また、上記したように専門技術を持っている人の方がやはり就職活動において有利です。

今現在、技術や能力がある人は少ないかもしれませんが、今後転職をする際などにも重要な事ですので、就職が決まったら仕事の中で技術をきっちり身につけるようにしたいです。

それ以外の失業理由を見てみると、第2位に年齢が上げられています。

第2位に上げられるくらいですから、職探しにおいて年齢は非常に重要な項目です。

しかし、当サイト訪問者は若い人が多いでしょうからこの部分は無視してもよいでしょう。

それ以外では、労働条件があげられていますが、はじめての就職で給料や休日の多さなどにはあまり執着する人はいないと思うので、ここもあまり問題にはならないです。

条件にこだわらないが仕事がないという事に関しても、若い人は年配の人に比べて求人数は多いので問題にはならないでしょう。

こう見てくると、主な失業理由の大部分が、若者にはあまり関係なかったり、ちょっとした努力をするだけで解決できます

大学中退をしているということで、不利に思うかもしれませんが、幅広い職種をチェックして、あまり条件にこだわりすぎずに就職活動に取り組めば、きっと内定を得られるはずです。

まとめ

職種を考えるときに案外狙い目なのが技術職です。

求人数が多く、求職者も少ないので就職が比較的決まりやすいです。

多くの人が、技術職は技術がないといけないと考えているのですが、求職者が少ないために、未経験者を育てようと考える企業も多いです。

こういった職種を狙ってみるのも、よいかもしれません。

2024年最新版!大学中退者に人気の就職サイトBEST3

大学中退者が使っている就職サイト(就職エージェントと求人サイト)を、人気順に3位まで紹介します。
※ランキング調査期間:2024年4月1日~2024年5月1日

2023年最新版!大学中退者に人気の就職サイトBEST3

第1位
ジェイック就職カレッジ
ジェイック就職カレッジは、就職成功率81.1%(大学中退者に限ると90.7%)の実績を持つ就職エージェントです。

中退者向けの求人を紹介してくれたり、中退者向けの就職講座で、面接での中退理由の伝え方やマナーを学べます。
第2位
リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大学中退者の利用者が多い人気求人サイトです。

様々な職種や地域の求人に加え、他では得られない大企業の求人も充実しています。
第3位
ハタラクティブ
ハタラクティブは、フリーターや大学中退者向けの就職エージェントです。

求職者と年齢が近いキャリアアドバイザーが親身になって相談に応じてくれ、未経験から応募できる求人を紹介してくれます。

大学中退者におすすめの就職サイトを全て見たい方は、以下からチェックしてみてください。

大学中退者におすすめの就職サイト(就職エージェントと求人サイト)16選のアイキャッチ画像大学中退者におすすめの就職サイト(就職エージェントと求人サイト)16選

当社カジュアル相談を活用してください

当社(株式会社ウェイズファクトリー)では、学校を中退した後の就職活動について無料で気軽に相談できる窓口を設けております。

当社のキャリアアドバイザーにメールか電話で相談できます。

  • 「どの就職エージェントを利用すればよいかわからない」
  • 「どのように就職活動を行えばよいかわからない」
  • 「どのような職種が向いているのかわからない」

というような質問に就職支援15年以上の経験を元にお答えします。

また必要な方には、中退者が応募できる未経験歓迎の正社員求人を紹介することもできます。

ご相談したい方は以下の記事の下にあるフォームよりお申し込みください。

中退者向けカジュアル就職相談窓口のアイキャッチ画像中退者向けカジュアル就職相談窓口

記事の監修者

岸 憲太郎

・株式会社ウェイズファクトリー代表取締役
・関西大学総合情報学部卒業

人材紹介事業と就職や転職に関してのWEBメディア事業を行う(株)ウェイズファクトリーの代表をしています。
15年以上の就職支援経験を通じて、数百名の採用担当者や求職者と情報交換をしてきました。
それらの経験を社会に還元していくために、記事の監修だけでなく、編集にも深く関与して情報発信を行っています。
詳しいプロフィールは、こちらをチェックしてみてください。
プロフィール

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーの記事

この記事の上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

大学中退者に人気の求人サイト

大学中退についての専門家に聞く

就職エージェントを取材しました

大学中退者に人気の就職エージェントを取材しました。気になる疑問やサービス内容、利用方法などについて詳しく聞いています。利用者の口コミや評判も紹介しているので、参考にしてください。

株式会社ジェイック大阪支店の矢野誠一郎さん株式会社ジェイック大阪支店の矢野誠一郎さん ジェイック大阪支店の支店長をしている矢野さんに取材しました。ジェイック就職カレッジのサービス内容について詳しく聞いてきたので、参考にしてください。
大学中退者の就職支援を行うジェイック就職カレッジを取材しました。評判や口コミも紹介

就職支援を行うハタラクティブを取材しました。評判や口コミも紹介。大学中退者の就職支援を行うハタラクティブを取材しました。評判や口コミも紹介。 ハタラクティブの関東エリア責任者でキャリアアドバイザーの吉田さんに取材しました。就職支援の内容や、ハタラクティブならではの特徴はどこにあるのか聞いてきました。
大学中退者の就職支援を行うハタラクティブを取材しました。評判や口コミも紹介

株式会社UZUZ大阪オフィスの吉内冬実さん株式会社UZUZ大阪オフィスの吉内冬実さん UZUZでキャリアアドバイザーをしている吉内さんに取材をしました。ご自身の就職活動で苦労した経験を元にしたアドバイスや就職支援サービス内容について詳しく聞きました。
大学中退者の就職支援を行うUZUZ(ウズウズ)を取材しました。評判や口コミも紹介

上へ
戻る