ハンバーガーメニューの画像

※本記事は一部プロモーションを含みます

採用選考で重視されるのはどんな事?

最終更新日:2017年10月10日

採用選考で重視されるのはどんな事?のアイキャッチ画像採用選考で、採用担当者はどういった所を見ているのでしょうか?

チェックされている事を把握しておけば、そこを重点的にアピールする事ができます。

採用担当者が重要視していることをアンケート結果から把握して、アピールの方法について考えていきましょう。

採用担当者が、採用選考で重視する事

以下に経団連が採用担当者に行った「選考にあたって特に重視した点」についてのアンケート結果があるので、見て下さい。

採用担当者が採用選考で重視するのは1位コミュニケーション能力、2位主体性、3位チャレンジ精神

圧倒的にコミュニケーション能力が重要視されていることが分かります。

また、主体性、チャレンジ精神、協調性など、具体的な技術や能力といったことよりも、いわゆる「人間力」が求められていることもわかります。

このアンケートは新卒採用で重視する事を質問したので、仕事で必要な技術や能力は仕事をはじめてから学べばよいと考えているのでしょう。

しかし、人間力といった基礎的な部分は、学生時代の活動や生活環境、性格といったものが関係していて、短期的に変えるのが難しいので、重要視して選考しているようです。

こういった人間力に関してアピールできれば、高評価を得られそうなのですが、どのようにアピールすればよいのでしょうか?

まずは円滑なコミュニケーションを心がける

人間力を、どのようにアピールすればよいのか難しく考えてしまうかもしれません。

しかし、面接は人対人のコミュニケーションで成り立っているので、まずは円滑なコミュニケーションを行うことが重要なのです。

アンケート結果で1位にコミュニケーション能力が選ばれたのは、仕事をはじめれば様々な人と協力しながら仕事を進めていくので、その中で上手くやっていけるのかどうかということが重視されているからです。

しかし、採用選考になると、どうしても考え過ぎたり、アピールしなければと話しすぎたり、逆に何も話せなくなってしまう人がたくさんいます

こういった人には自然な面接になるよう面接官が促すこともありますが、中々直らずに、そのまま終了してしまうケースがあります。

このように無理な形で面接を行ってしまうと、仕事をはじめてからも他の人と協力して仕事を進められないのではと心配されてしまい評価が低くなってしまいます。

通常であれば円滑なコミュニケーションが行えていたのに、面接だからと変に頑張ってしまったことが裏目に出てしまっては非常にもったいないです

ですので、面接は形式的な部分があるにせよ、前提としてコミュニケーション、つまり会話であるということは忘れないようにしておきたいです。

人間力には様々な種類がある

人間力には様々な種類があるのアイキャッチ画像アンケート結果の、主体性、チャレンジ精神、リーダーシップなどを見て、どれも自分にないものだと落胆した人もいるかもしれません。

主体性やチャレンジ精神などがあれば、自ら進んで発信したり、先頭に立って事業を引っ張っていったりと活躍する人である可能性が高いといえるでしょう。

しかし、そういった人ばかりが求められている訳ではありません。

もう少し詳しくアンケート結果を見てみれば、協調性、誠実性、論理性、柔軟性、創造性などといったものもあります。

仕事を進める上で必要なのは、リーダーシップやチャレンジ精神、主体性がある人ばかりではありません。

それ以外にも、緻密に論理的な思考が出来る人や、周りと協力しながら仕事を進められる人、新しいアイディアを発想できる人なども必要です。

リーダー的な人は、事業を方向づける事は得意でも、内容がおおざっぱであったり、協調性が低かったり、発想が安直であるケースもあります。

そういった人に不足する部分を埋めるような人も仕事では必要になってくるのです。

アルバイトや学生時代の経験から、自分はどういったタイプの人間であったのかを思い出してみて下さい。

そして、アンケート結果で自分でアピール出来そうな事を選んで、アルバイトや学生時代の経験と交えてアピールしてみましょう

なんとなく協調性などがあるとアピールするのでは無く、経験談やエピソードを交えてアピール出来れば説得力がグンと上がります。

まとめ

学校にも様々な人がいたように、企業の中にも様々な人がいて、それぞれ自分の得意な事や強みを発揮して仕事をしています。

決してリーダーシップがあるという、いかにも就職活動で評価が高そうな人ばかりが求められている訳ではありません。

もう一度、採用担当者が重視する事と、自分の得意な事や強みを振り返って、アピール出来る事を考えてみましょう

2024年最新版!大学中退者に人気の就職サイトBEST3

大学中退者が使っている就職サイト(就職エージェントと求人サイト)を、人気順に3位まで紹介します。
※ランキング調査期間:2024年4月1日~2024年5月1日

2023年最新版!大学中退者に人気の就職サイトBEST3

第1位
ジェイック就職カレッジ
ジェイック就職カレッジは、就職成功率81.1%(大学中退者に限ると90.7%)の実績を持つ就職エージェントです。

中退者向けの求人を紹介してくれたり、中退者向けの就職講座で、面接での中退理由の伝え方やマナーを学べます。
第2位
リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大学中退者の利用者が多い人気求人サイトです。

様々な職種や地域の求人に加え、他では得られない大企業の求人も充実しています。
第3位
ハタラクティブ
ハタラクティブは、フリーターや大学中退者向けの就職エージェントです。

求職者と年齢が近いキャリアアドバイザーが親身になって相談に応じてくれ、未経験から応募できる求人を紹介してくれます。

大学中退者におすすめの就職サイトを全て見たい方は、以下からチェックしてみてください。

大学中退者におすすめの就職サイト(就職エージェントと求人サイト)16選のアイキャッチ画像大学中退者におすすめの就職サイト(就職エージェントと求人サイト)16選

当社カジュアル相談を活用してください

当社(株式会社ウェイズファクトリー)では、学校を中退した後の就職活動について無料で気軽に相談できる窓口を設けております。

当社のキャリアアドバイザーにメールか電話で相談できます。

  • 「どの就職エージェントを利用すればよいかわからない」
  • 「どのように就職活動を行えばよいかわからない」
  • 「どのような職種が向いているのかわからない」

というような質問に就職支援15年以上の経験を元にお答えします。

また必要な方には、中退者が応募できる未経験歓迎の正社員求人を紹介することもできます。

ご相談したい方は以下の記事の下にあるフォームよりお申し込みください。

中退者向けカジュアル就職相談窓口のアイキャッチ画像中退者向けカジュアル就職相談窓口

記事の監修者

岸 憲太郎

・株式会社ウェイズファクトリー代表取締役
・関西大学総合情報学部卒業

人材紹介事業と就職や転職に関してのWEBメディア事業を行う(株)ウェイズファクトリーの代表をしています。
15年以上の就職支援経験を通じて、数百名の採用担当者や求職者と情報交換をしてきました。
それらの経験を社会に還元していくために、記事の監修だけでなく、編集にも深く関与して情報発信を行っています。
詳しいプロフィールは、こちらをチェックしてみてください。
プロフィール

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーの記事

この記事の上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

大学中退者に人気の求人サイト

大学中退についての専門家に聞く

就職エージェントを取材しました

大学中退者に人気の就職エージェントを取材しました。気になる疑問やサービス内容、利用方法などについて詳しく聞いています。利用者の口コミや評判も紹介しているので、参考にしてください。

株式会社ジェイック大阪支店の矢野誠一郎さん株式会社ジェイック大阪支店の矢野誠一郎さん ジェイック大阪支店の支店長をしている矢野さんに取材しました。ジェイック就職カレッジのサービス内容について詳しく聞いてきたので、参考にしてください。
大学中退者の就職支援を行うジェイック就職カレッジを取材しました。評判や口コミも紹介

就職支援を行うハタラクティブを取材しました。評判や口コミも紹介。大学中退者の就職支援を行うハタラクティブを取材しました。評判や口コミも紹介。 ハタラクティブの関東エリア責任者でキャリアアドバイザーの吉田さんに取材しました。就職支援の内容や、ハタラクティブならではの特徴はどこにあるのか聞いてきました。
大学中退者の就職支援を行うハタラクティブを取材しました。評判や口コミも紹介

株式会社UZUZ大阪オフィスの吉内冬実さん株式会社UZUZ大阪オフィスの吉内冬実さん UZUZでキャリアアドバイザーをしている吉内さんに取材をしました。ご自身の就職活動で苦労した経験を元にしたアドバイスや就職支援サービス内容について詳しく聞きました。
大学中退者の就職支援を行うUZUZ(ウズウズ)を取材しました。評判や口コミも紹介

上へ
戻る