ハンバーガーメニューの画像

※本記事は一部プロモーションを含みます

大学中退後に内定を得たらその企業に入社すべき?

最終更新日:2018年3月22日

大学中退後に内定を得たらその企業に入社すべき?のアイキャッチ画像大学中退からの就職活動は厳しい面もありますが、続けていればいつか内定は得られます。

しかし、不思議なもので内定をもらうとその企業に入社しても良いのだろうか、と考えてしまう人がいます。

せっかく苦労して内定を得たのですから、その企業に入社すべきなのでしょうか?

内定した企業に入社してよいのか迷うのは自然なこと

内定を得た企業に入社すべきかどうかという話は後においておくとして、内定を得た企業に入社すべきかどうか迷うのはごく自然なことだということを理解しておきましょう。

このまま就職活動を続けていればもっと良い企業に就職できるのではないか、先日選考に落ちてしまった企業が気になって、このまま別の企業に就職することに躊躇するということはよくあります。

結婚前にこの人と結婚して良いのか迷うことをマリッジブルーというのですが、内定を得た企業に就職して良いのか迷うことを内定ブルーというそうです。

こういった心理状態に陥った時に、せっかく内定をもらったのだからこのまま就職しようとか、他の企業の方が魅力的だから就職活動を続行しよう、と勢いだけで決めないようにしたいです。

内定を出した企業からは、入社するのかどうかの判断を早く下すようにという催促が来ると思いますが、もう一度冷静に考えてみるようにしたいです。

入社するか、しないかの判断材料

入社するのか、しないのかを決める際には以下の3つの判断材料があります。

  • 就職活動を続けて採用される見込み
  • 資金、時間、体力的な余裕はあるか
  • 転職で志望企業を目指せないか

就職活動を続けて採用される見込みはあるのか?

就職活動を続けると決めるには、このまま続けて後に別の企業に採用される見込みがないといけないです。

また、内定を得た企業よりも自分の志望にあった企業や魅力的な企業を見つけて内定を得なければならないのですから、採用される難易度は今まで以上に高くなります

こういった状況で採用される見込みについて自信を持ってイエスといえる人は少ないと思いますが、それでもある程度の自信を持っていないと就職活動は相当厳しいものになるといえるでしょう。

このことについて考えた段階で、内定をもらった企業に就職しようと考える人も多いです。

冷静になって、内定をもらった企業よりもよい企業に内定がもらえる見込みがあるのかもう一度考えてみましょう。

資金、時間、体力的な余裕はあるのか?

就職活動を続行するには、資金、時間、体力が最低限必要になります。

大学中退者の人には親元で暮らしている人も多いので、資金や時間がなくなるということは比較的少ないかもしれません。

しかし、このまま続行するということは、つらい就職活動を続けるということですから、体力的な余裕も必要になってきます。

続行したけれど、なかなか次の内定が得られなくて、そのままフリーターになったというような最悪のケースもあります。

続けると決めたからには次に内定を得られるまで頑張らなければならないので、そのための、資金、時間、体力の余裕が非常に重要になってきます。

就職活動を次の内定が得られるまで続行する、資金、時間、体力があるのか、もう一度よく考えてみましょう。

志望企業に転職できないか?

大学中退者は、大学中退という経歴によって採用されるのが難しくなるケースがよくあります。

しかし、一度就職してしまえば、就職後の経歴が重視されるので、転職活動では大学中退の履歴がマイナス評価になる可能性は低いです。

つまり、どうしても就職したい企業があるということでしたら、一度就職してから転職活動で目指した方が採用されやすい可能性もあるのです。

働いてみれば仕事や業界の知識がついてきますので、それまで魅力的に感じていた企業がそうでもないと思うようになったり、別の企業に魅力を感じることもあります。

こういったことがあるので、働き出してから転職をした方が、より自分の希望にマッチした企業で働ける可能性も高くなります。

どうしても、今就職活動を続ける必要があるのか?転職ではダメなのか?もう一度考えてみましょう。

まとめ

内定を得ると変に自信過剰になって、続ければもっとよい企業に就職できると考えてしまいます。

しかし、上記したことを冷静に判断して、続ける必要があるのかもう一度考えてみてください。

関連記事

入社誓約書を提出後でも内定辞退できるのか?のアイキャッチ画像入社誓約書を提出後でも内定辞退できるのか?

大学中退後に複数の内定を貰ったら、入社する企業をどうやって選ぶ?のアイキャッチ画像大学中退後に複数の内定を貰ったら入社する企業をどうやって選ぶ?

2024年最新版!大学中退者に人気の就職サイトBEST3

大学中退者が使っている就職サイト(就職エージェントと求人サイト)を、人気順に3位まで紹介します。
※ランキング調査期間:2024年4月1日~2024年5月1日

2023年最新版!大学中退者に人気の就職サイトBEST3

第1位
ジェイック就職カレッジ
ジェイック就職カレッジは、就職成功率81.1%(大学中退者に限ると90.7%)の実績を持つ就職エージェントです。

中退者向けの求人を紹介してくれたり、中退者向けの就職講座で、面接での中退理由の伝え方やマナーを学べます。
第2位
リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大学中退者の利用者が多い人気求人サイトです。

様々な職種や地域の求人に加え、他では得られない大企業の求人も充実しています。
第3位
ハタラクティブ
ハタラクティブは、フリーターや大学中退者向けの就職エージェントです。

求職者と年齢が近いキャリアアドバイザーが親身になって相談に応じてくれ、未経験から応募できる求人を紹介してくれます。

大学中退者におすすめの就職サイトを全て見たい方は、以下からチェックしてみてください。

大学中退者におすすめの就職サイト(就職エージェントと求人サイト)16選のアイキャッチ画像大学中退者におすすめの就職サイト(就職エージェントと求人サイト)16選

当社カジュアル相談を活用してください

当社(株式会社ウェイズファクトリー)では、学校を中退した後の就職活動について無料で気軽に相談できる窓口を設けております。

当社のキャリアアドバイザーにメールか電話で相談できます。

  • 「どの就職エージェントを利用すればよいかわからない」
  • 「どのように就職活動を行えばよいかわからない」
  • 「どのような職種が向いているのかわからない」

というような質問に就職支援15年以上の経験を元にお答えします。

また必要な方には、中退者が応募できる未経験歓迎の正社員求人を紹介することもできます。

ご相談したい方は以下の記事の下にあるフォームよりお申し込みください。

中退者向けカジュアル就職相談窓口のアイキャッチ画像中退者向けカジュアル就職相談窓口

記事の監修者

岸 憲太郎

・株式会社ウェイズファクトリー代表取締役
・関西大学総合情報学部卒業

人材紹介事業と就職や転職に関してのWEBメディア事業を行う(株)ウェイズファクトリーの代表をしています。
15年以上の就職支援経験を通じて、数百名の採用担当者や求職者と情報交換をしてきました。
それらの経験を社会に還元していくために、記事の監修だけでなく、編集にも深く関与して情報発信を行っています。
詳しいプロフィールは、こちらをチェックしてみてください。
プロフィール

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーの記事

この記事の上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

大学中退者に人気の求人サイト

大学中退についての専門家に聞く

就職エージェントを取材しました

大学中退者に人気の就職エージェントを取材しました。気になる疑問やサービス内容、利用方法などについて詳しく聞いています。利用者の口コミや評判も紹介しているので、参考にしてください。

株式会社ジェイック大阪支店の矢野誠一郎さん株式会社ジェイック大阪支店の矢野誠一郎さん ジェイック大阪支店の支店長をしている矢野さんに取材しました。ジェイック就職カレッジのサービス内容について詳しく聞いてきたので、参考にしてください。
大学中退者の就職支援を行うジェイック就職カレッジを取材しました。評判や口コミも紹介

就職支援を行うハタラクティブを取材しました。評判や口コミも紹介。大学中退者の就職支援を行うハタラクティブを取材しました。評判や口コミも紹介。 ハタラクティブの関東エリア責任者でキャリアアドバイザーの吉田さんに取材しました。就職支援の内容や、ハタラクティブならではの特徴はどこにあるのか聞いてきました。
大学中退者の就職支援を行うハタラクティブを取材しました。評判や口コミも紹介

株式会社UZUZ大阪オフィスの吉内冬実さん株式会社UZUZ大阪オフィスの吉内冬実さん UZUZでキャリアアドバイザーをしている吉内さんに取材をしました。ご自身の就職活動で苦労した経験を元にしたアドバイスや就職支援サービス内容について詳しく聞きました。
大学中退者の就職支援を行うUZUZ(ウズウズ)を取材しました。評判や口コミも紹介

上へ
戻る