ハンバーガーメニューの画像

※本記事は一部プロモーションを含みます

求人情報に社会保険の記載がない企業は避けたほうがよい?

最終更新日:2023年6月19日

求人情報に社会保険の記載がない企業は避けたほうがよい?のアイキャッチ画像

多くの企業は、厚生年金や健康保険など社会保険に加入しています。

しかし、中には求人情報を見ても社会保険についての記載がなく、加入しているのかどうかわからない企業もあります。

このような企業に応募するのは、避けたほうがよいのでしょうか?

1. 社会保険に加入しているのか電話で確認してみよう

社会保険に加入しているのか電話で確認してみようのアイキャッチ画像

社会保険に加入している企業には求人応募者が増える傾向にあるので、社会保険について求人情報でアピールするケースが多いです。

そのような傾向があるにも関わらず記載していないのだとすれば、社会保険が備わっていない可能性が高いといえるかもしれません。

しかし、求人情報への記載内容は、企業にゆだねられていることが多いので、社会保険に加入していても記載していない場合があります

特に記載スペースの小さい、新聞や新聞広告の求人情報には記載がないものをよく見かけます。

求人情報だけでは社会保険に加入しているのかどうか、わからない場合は、自分で勝手に判断するのではなく電話などで確認するようにしましょう。

2. 中小企業に社会保険に加入していない企業が多い

中小企業に社会保険に加入していない企業が多いのアイキャッチ画像

正社員を1人でも雇っている企業は、多くの場合、社会保険加入義務が発生するのですが、企業にはコストになるので加入を逃れている企業が少なからず存在します。

社会保険への加入は、資金力がある大企業で加入している割合が高く、中小の企業で加入率が低い傾向にあります。

中小企業は売り上げが少ない場合が多いので、社会保険料が経営に与える影響も大きく加入逃れをする企業が多くなってしまうようです。

しかし、最近になって中小企業の社会保険未加入が問題視されるようになって国が社会保険へ加入させるために力をいれはじめています

企業情報を元に社会保険に加入していない企業を割り出し、加入するように指導し、それでも加入しない場合は法的措置をとり強制加入させるようです。

指導強化は平成27年から行われているので、今後社会保険への加入企業はどんどん増えていくことでしょう。

今の段階では社会保険に未加入で働いている人もいますが、これから指導強化されることで、そのような人も減っていくことでしょう。

また、求人に応募する際に、社会保険に加入できるだろうかと悩むことも少なくなってくるはずです。

3. 社会保険への加入条件とは?

社会保険への加入条件とは?のアイキャッチ画像

社会保険への加入条件は、企業が社会保険の適用事業所であるのか社員が加入対象者であるのかを確認する必要があります。

企業は、株式会社などの法人であれば、いくつかの業種(農林水産業など)で少人数(5人未満)しか働いていない企業を除けば、多くの企業が社会保険の適用事業所になります。

社員は、正社員として雇われている、あるいは、正社員と同じくらいの時間労働をしているのであれば、多くの場合、社会保険の加入対象者になります。

つまり、法人で正社員として働く予定である人の多くは、社会保険への加入対象者ということになります。

もし、企業側から社会保険には入れないといわれても、それは従業員側が加入対象者から外れているのではなく、企業側の問題であるかもしれないので必ず確認するようにしましょう。

社会保険については、年金事務所やハローワーク、労働基準監督署などで相談できるので、確認したいことがあるのでしたら利用してみるとよいでしょう。

4. まとめ

社会保険について記載がない求人を見つけても、社会保険未加入だと勝手に判断せずに電話で確認するようにしましょう。

電話で確認して未加入だとわかってから応募しなければ、企業は人材獲得のチャンスを逃したことになるので、社会保険に入らなければと考えるきっかけになるかもしれません。

2024年最新版!大学中退者に人気の就職サイトBEST3

大学中退者が使っている就職サイト(就職エージェントと求人サイト)を、人気順に3位まで紹介します。
※ランキング調査期間:2024年4月1日~2024年5月1日

2023年最新版!大学中退者に人気の就職サイトBEST3

第1位
ジェイック就職カレッジ
ジェイック就職カレッジは、就職成功率81.1%(大学中退者に限ると90.7%)の実績を持つ就職エージェントです。

中退者向けの求人を紹介してくれたり、中退者向けの就職講座で、面接での中退理由の伝え方やマナーを学べます。
第2位
リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大学中退者の利用者が多い人気求人サイトです。

様々な職種や地域の求人に加え、他では得られない大企業の求人も充実しています。
第3位
ハタラクティブ
ハタラクティブは、フリーターや大学中退者向けの就職エージェントです。

求職者と年齢が近いキャリアアドバイザーが親身になって相談に応じてくれ、未経験から応募できる求人を紹介してくれます。

大学中退者におすすめの就職サイトを全て見たい方は、以下からチェックしてみてください。

大学中退者におすすめの就職サイト(就職エージェントと求人サイト)16選のアイキャッチ画像大学中退者におすすめの就職サイト(就職エージェントと求人サイト)16選

当社カジュアル相談を活用してください

当社(株式会社ウェイズファクトリー)では、学校を中退した後の就職活動について無料で気軽に相談できる窓口を設けております。

当社のキャリアアドバイザーにメールか電話で相談できます。

  • 「どの就職エージェントを利用すればよいかわからない」
  • 「どのように就職活動を行えばよいかわからない」
  • 「どのような職種が向いているのかわからない」

というような質問に就職支援15年以上の経験を元にお答えします。

また必要な方には、中退者が応募できる未経験歓迎の正社員求人を紹介することもできます。

ご相談したい方は以下の記事の下にあるフォームよりお申し込みください。

中退者向けカジュアル就職相談窓口のアイキャッチ画像中退者向けカジュアル就職相談窓口

記事の監修者

岸 憲太郎

・株式会社ウェイズファクトリー代表取締役
・関西大学総合情報学部卒業

人材紹介事業と就職や転職に関してのWEBメディア事業を行う(株)ウェイズファクトリーの代表をしています。
15年以上の就職支援経験を通じて、数百名の採用担当者や求職者と情報交換をしてきました。
それらの経験を社会に還元していくために、記事の監修だけでなく、編集にも深く関与して情報発信を行っています。
詳しいプロフィールは、こちらをチェックしてみてください。
プロフィール

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーの記事

この記事の上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

大学中退者に人気の求人サイト

大学中退についての専門家に聞く

就職エージェントを取材しました

大学中退者に人気の就職エージェントを取材しました。気になる疑問やサービス内容、利用方法などについて詳しく聞いています。利用者の口コミや評判も紹介しているので、参考にしてください。

株式会社ジェイック大阪支店の矢野誠一郎さん株式会社ジェイック大阪支店の矢野誠一郎さん ジェイック大阪支店の支店長をしている矢野さんに取材しました。ジェイック就職カレッジのサービス内容について詳しく聞いてきたので、参考にしてください。
大学中退者の就職支援を行うジェイック就職カレッジを取材しました。評判や口コミも紹介

就職支援を行うハタラクティブを取材しました。評判や口コミも紹介。大学中退者の就職支援を行うハタラクティブを取材しました。評判や口コミも紹介。 ハタラクティブの関東エリア責任者でキャリアアドバイザーの吉田さんに取材しました。就職支援の内容や、ハタラクティブならではの特徴はどこにあるのか聞いてきました。
大学中退者の就職支援を行うハタラクティブを取材しました。評判や口コミも紹介

株式会社UZUZ大阪オフィスの吉内冬実さん株式会社UZUZ大阪オフィスの吉内冬実さん UZUZでキャリアアドバイザーをしている吉内さんに取材をしました。ご自身の就職活動で苦労した経験を元にしたアドバイスや就職支援サービス内容について詳しく聞きました。
大学中退者の就職支援を行うUZUZ(ウズウズ)を取材しました。評判や口コミも紹介

上へ
戻る