ハンバーガーメニューの画像

※本記事は一部プロモーションを含みます

就職活動にパソコンは必要?スマホだけで十分?

最終更新日:2017年9月20日

就職活動にパソコンは必要?スマホだけで十分?のアイキャッチ画像今やパソコンよりもスマホ利用者の方が多い時代になりました。

そういった中、パソコンを持っていない人も出てきているようです。

就職活動にパソコンは必要なのでしょうか?スマホだけで済ますことはできないのでしょうか?

スマホの弱点を補うのにパソコンは必要

スマホだけで就職活動はできないといえば嘘になりますが、スマホの画面の小ささが問題になる可能性はあります。

スマホの画面の大きさは4インチか6インチ程度。

こういった画面で情報を閲覧する場合、全体をざっと見て必要な情報を手に入れるということが非常に難しくなります

上の方に表示されている情報だけを見て、それが全てだと思ってしまう人が多いので、パソコンなら気付く場所にある情報でもスマホだと見逃してしまうということがよく起こります。

つまり、大きな画面があるパソコンよりも取得できる情報量や質が悪くなってしまう可能性が高いのです。

また、メールなどで文章を書く際にも問題が起きてしまいます。

小さい画面でメールを記入していると、自分の書いた文章の全体を見るのが難しいので文章構成や間違いがないかのチェックが難しくなり、おかしな文章のまま送ってしまう可能性が高くなります。

相手のメールの質問に答える場合やホームページ情報などを参考に文章を書く際にも、画面が小さいために難しくなります。

こういった状態でメールを書いていると、内容が間違っていたり、相手が質問した内容の答えになっていないなどして印象が悪くなってしまうかもしれません

スマホを利用していても、パソコンと同じレベルで情報を収集することができたり、メールを書く際にもミスがないという人もいるかもしれませんが、やはりパソコンの方が便利に使えるはずです。

今でもパソコンを使えないはありえない

スマホ利用者の増加によって危惧されているのが、パソコンを使えない人が増えないかということです。

学校でパソコン実習やパソコンを使っての制作などが行われているので、それなりに使える人が多いとは思いますが、使えないのであれば今のうちに練習をしておきたいです。

キーボードを見ないで入力ができるタッチタイピングができるのは当然ですが、それ以外にもexelやword、powerpointなどのソフトは、どういった職種に就いたとしても必要となるので、基礎的な知識は持っておきたいです。

仕事でもスマホの利用は増える傾向にありますが、資料の作成や長文のメールを打つなどの際には、ほとんどの人がパソコンを利用しています。

仕事では信用が非常に重要になるので、間違いのある資料やメールを送ってしまうと大変なことになるからです。

これから仕事を始める皆さんにとっても、パソコンを使えるということは非常に重要なことになってくるはずです。

スマホに置き換えてよいこととは?

今でもパソコンは就職活動や仕事に必要ですが、スマホを利用した方が便利な場面ではパソコンからスマホに利用がどんどん移っています

メールの利用においても、閲覧だけであればスマホで問題ないですし、簡単な返信であればスマホから入力しても問題ないのでスマホを利用することが多いです。

もし、メールの返信時に何かを調べる必要があったり、長文を入力する際には無理にスマホから返信するのではなく、とりあえず「後ほど詳しい内容を返信します」と送っておくとよいでしょう。

メールにはなるべく早く返信した方が印象がよいので、こういった対応をしておくとよい印象になります。

また、簡単な情報収集でもスマホが利用できます。

地図を見たり、漢字を調べる、といった程度であればスマホからの情報収集が便利です。

しかし、業界研究や求人に応募する際の情報集めをスマホだけでするのはやめておいたほうがいいです。

上でも書いたように、スマホだけではなかなかうまく情報収集ができないので、十分な情報を集められないまま求人に応募することになり、なぜこんな企業に応募したのだろうということにもなりかねません。

最近では、スマホから求人応募できるアプリなどもあるのですが、そういったものはできるだけ使わない方がよいと思います。

家で落ち着いてパソコンを使った情報収集を十分して、それで魅力を感じるようであれば求人に応募するようにしたいです。

まとめ

スマホがこれだけ普及したのは、やはり、それだけ便利に利用できるからということなのだと思います。

しかし、スマホにも限界があるので、就職活動にパソコンの利用が必要になる場面はまだありそうです。

2024年最新版!大学中退者に人気の就職サイトBEST3

大学中退者が使っている就職サイト(就職エージェントと求人サイト)を、人気順に3位まで紹介します。
※ランキング調査期間:2024年4月1日~2024年5月1日

2023年最新版!大学中退者に人気の就職サイトBEST3

第1位
ジェイック就職カレッジ
ジェイック就職カレッジは、就職成功率81.1%(大学中退者に限ると90.7%)の実績を持つ就職エージェントです。

中退者向けの求人を紹介してくれたり、中退者向けの就職講座で、面接での中退理由の伝え方やマナーを学べます。
第2位
リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大学中退者の利用者が多い人気求人サイトです。

様々な職種や地域の求人に加え、他では得られない大企業の求人も充実しています。
第3位
ハタラクティブ
ハタラクティブは、フリーターや大学中退者向けの就職エージェントです。

求職者と年齢が近いキャリアアドバイザーが親身になって相談に応じてくれ、未経験から応募できる求人を紹介してくれます。

大学中退者におすすめの就職サイトを全て見たい方は、以下からチェックしてみてください。

大学中退者におすすめの就職サイト(就職エージェントと求人サイト)16選のアイキャッチ画像大学中退者におすすめの就職サイト(就職エージェントと求人サイト)16選

当社カジュアル相談を活用してください

当社(株式会社ウェイズファクトリー)では、学校を中退した後の就職活動について無料で気軽に相談できる窓口を設けております。

当社のキャリアアドバイザーにメールか電話で相談できます。

  • 「どの就職エージェントを利用すればよいかわからない」
  • 「どのように就職活動を行えばよいかわからない」
  • 「どのような職種が向いているのかわからない」

というような質問に就職支援15年以上の経験を元にお答えします。

また必要な方には、中退者が応募できる未経験歓迎の正社員求人を紹介することもできます。

ご相談したい方は以下の記事の下にあるフォームよりお申し込みください。

中退者向けカジュアル就職相談窓口のアイキャッチ画像中退者向けカジュアル就職相談窓口

記事の監修者

岸 憲太郎

・株式会社ウェイズファクトリー代表取締役
・関西大学総合情報学部卒業

人材紹介事業と就職や転職に関してのWEBメディア事業を行う(株)ウェイズファクトリーの代表をしています。
15年以上の就職支援経験を通じて、数百名の採用担当者や求職者と情報交換をしてきました。
それらの経験を社会に還元していくために、記事の監修だけでなく、編集にも深く関与して情報発信を行っています。
詳しいプロフィールは、こちらをチェックしてみてください。
プロフィール

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーの記事

この記事の上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

大学中退者に人気の求人サイト

大学中退についての専門家に聞く

就職エージェントを取材しました

大学中退者に人気の就職エージェントを取材しました。気になる疑問やサービス内容、利用方法などについて詳しく聞いています。利用者の口コミや評判も紹介しているので、参考にしてください。

株式会社ジェイック大阪支店の矢野誠一郎さん株式会社ジェイック大阪支店の矢野誠一郎さん ジェイック大阪支店の支店長をしている矢野さんに取材しました。ジェイック就職カレッジのサービス内容について詳しく聞いてきたので、参考にしてください。
大学中退者の就職支援を行うジェイック就職カレッジを取材しました。評判や口コミも紹介

就職支援を行うハタラクティブを取材しました。評判や口コミも紹介。大学中退者の就職支援を行うハタラクティブを取材しました。評判や口コミも紹介。 ハタラクティブの関東エリア責任者でキャリアアドバイザーの吉田さんに取材しました。就職支援の内容や、ハタラクティブならではの特徴はどこにあるのか聞いてきました。
大学中退者の就職支援を行うハタラクティブを取材しました。評判や口コミも紹介

株式会社UZUZ大阪オフィスの吉内冬実さん株式会社UZUZ大阪オフィスの吉内冬実さん UZUZでキャリアアドバイザーをしている吉内さんに取材をしました。ご自身の就職活動で苦労した経験を元にしたアドバイスや就職支援サービス内容について詳しく聞きました。
大学中退者の就職支援を行うUZUZ(ウズウズ)を取材しました。評判や口コミも紹介

上へ
戻る